レンタルサーバー



Amazonのタイムセールはコチラ・・・

【選挙開票】会場によって違う待遇

【選挙開票】会場によって違う待遇


数年前、選挙のアルバイトをしたことがある。確か統一地方選挙だった。当時は札幌市に住んでいたので北海道知事・道議会議員・札幌市長・札幌市議会議員の4つの選挙が同じ日に行われたのである。私は祖母にこの話をもらった。それで、友人某を誘い二人でバイトすることになった。

選挙は日曜日だが、まず前日の準備からバイトは始まる。会場の小学校に出向き、体育館に各種選挙グッズを並べ選挙会場を設営する。関係者とおぼしき人たちがほとんどやってくれるので、バイトは適宜テープを貼ったりいすを運んだりと雑用をこなすだけ。意外に楽。この日の給料はない。翌日まとめてもらうことになっている。

ということで日曜。朝7時から投票なので、6時半には会場に居なければならない…のだが、よりによって我々は寝坊。しかし、無理やり6時55分ころ会場に到着。何とか間に合う。私の仕事は「受け付け」。持参されたはがきを見て、番号に見合った窓口に行けと指示を出すという係である。もちろん、笑顔とあいさつは欠かせない(笑)。

この日はなんだか知らないが寒い日で、もう一人のおじさんと二人、入り口付近の机に座って震えながら業務をこなす。友人某はお茶係になって働かされ、疲れきっていた。投票には波がある。朝イチと夕方駆け込みが一番多い。意外に昼間は来ないものである。お昼のニュースで選挙だと思い出してくる人がいるから、午後1時ごろは少し来るが。現在は投票終了時間が遅くなったので駆け込みは減ったのではないだろうか。ちなみに当時の終了時刻は6時である。担当のおじさんがレトリカルなハンドベルをひとつ持って、からんからん鳴らしたらおしまい。投票箱には厳重に封と鍵がなされ、開票所に輸送されていく。我々も開票所に移動。

開票所は大きい体育館で行われた。夕食の弁当も出た。開票は8時から行われた。なんと時報に合わせて開票をはじめる。それまでは皆、しーんとして待機しているのである!

開票作業は、当たった内容で楽か楽でないかが大きく異なる。このときは「北海道知事」と「札幌市長」に当たった人が楽をした。当時の知事は人気絶大の横路知事。札幌市長は現在も続けている桂市長。2つとも、開票と集計がわずか30分少々で終わってしまった…。案の定この二人は圧勝だった。私が開票したのは道議会。いろんな候補の名前があるので、間違わないように重ねていく。で、台の上には何故か箱がひとつある。これは白票や無効票になりそうなのを入れるものである。そのとき実感したのは「意外に自分の名前を書く人って多いな」ってことである。当然、無効票に送られていった。

そうこうして1時間半も開票すると、すべて終了。家に戻れる。日当を最後に受け取った。1日と少し(前日分)働いて、1万円ちょっともらった記憶がある。貧乏だった当時の我々にとっては、かなりビッグな収入だった。



タグ:選挙開票
posted by アルバイト 裏話 体験談 at 10:51 | 選挙開票 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

着ぐるみというお仕事

【着ぐるみというお仕事】見つけ方、仕事内容、お給料
■こんな風にみつける■

≪その1≫ ハマー
普段着ぐるみをやる人はその会社の従業員とかで決まった人がいるらしいです。つまり一般に公募する事はまずあり得ないようです。知人の場合はサンリオで棚卸しのバイトをしていたそうです。ところがイベントの直前にその決まっていた人が突然体調を崩してしまって、普通はそういう時は店長とかが犠牲になってやるらしいのですが、店長が太ってたので入らなかったらしいです。そこで、やせていた彼に声がかかったそうです。

≪その2≫ でんでん
私は着ぐるみバイトの経験は残念ながらありませんが、友人が一時期、「着ぐるみショー」のバイトをやっていました。その友人は演劇をやっていて、知り合いから着ぐるみのショーをやっている劇団やプロダクションを紹介してもらったとか、そんな事を聞いたような気がします。

≪その3≫ PON
フロムエー等の求人雑誌には、ほとんど載らないらしく、友達の友達とか、そんな感じでバイト募集してるそうです。

≪その4≫ 舞子
遊園地ではそうゆうバイトは募集してません・・。イベント会社が受け持っているみたいです。夏は暑い、冬は寒い、それでもしたいのならイベント会社に行ってみては?

≪その5≫ A
東京都港区の東京タワーで着ぐるみやってます。160cm前後・女性という条件で時々応募してます。時給ですけど計算したらだいたい1日で7000円前後。雇うのはそこの社員なので、募集してなくても直接電話すればひょっとしたら後で声がかかるかも。他の情報と違うのは、全くのシロウトでいい点。踊りも振りもないです。しかも土日しか稼動しません。そんな熟練度よりも、まじめに勤務できる人種を選んでとっている感じがします。

≪その6≫ M、O
アルバイト雑誌の短期コーナーに、たまに載っています。私は先に入っていた友達からの紹介でした、そこに入ってきた人は紹介と求人広告で半々くらいだったと思います。とにかくハードです、なのに給料は安い。ダイエットにはなるでしょう、暑い日に4日間ウルトラマンをやったときはうんとやせました(もともとやせがたなのですが

■仕事内容は・・・■

≪サンリオの場合>>ハマー
イベントは15分入ったら1時間くらい休憩して、計4回くらいだそうです。それでも異常なほど疲れるらしいです。キャラをやってると、もう休憩に入らないと・・・というときに限って子供が一緒に写真とりたいって騒ぎ出して、泣き出したりして・・・結局時間以上やる羽目になったり・・・。他のキャラの場合、特に怪獣とか悪役の場合は子供に殴られたり蹴られたり大変らしいです。それからアンパンマンなどは「空を飛べ!!」とか無理言われたり。

≪劇団やプロダクションの場合≫ (投稿者:でんでん)
着ぐるみショーはキャラクターの踊りを覚えるのに、仕事のない日に練習に行かないといけないそうです。これがあるので、普通の会社ではなく劇団やプロダクションで、ということになるのだと思います。

■こんな条件があることも・・・■ (投稿者:PON)

僕の知人のところでは、バイトする為の条件としてバク転等ができないとダメらしいです。会社が色々なとことから仕事を見つけてきて、遊園地の着ぐるみに入ったり、イベントのギンガマンショー等に出演したり・・・。仕事が「遊園地の着ぐるみ」で特定されれば、バク転等できなくてもいいのですが、その会社は着ぐるみ関係は何でもこなすらしく、仕事によってはかなり高度な事(連続17回バク転等)もしないといけないらしいです。ですから、募集する人も「多目的」に使える人材を探すので、「バク転」って条件があるのかもしれません。もう1個おまけで、電気屋さんのオープン記念で見た着ぐるみは、電気屋の社員が入ってました。小さいイベントでは、着ぐるみをレンタルして、社員等を強制的に入れるらしいです。遊園地等の大きいところでは、さすがにそれはないと思いますが・・・。

■こんな人は無理かも■ (投稿者:ハマー)

結構ハードな仕事なので体力がない人、体もあんまり太った人にはできないそうです。(着ぐるみに入れないため)

■お給料は?■

≪その1≫ (投稿者:ハマー)
日当は3,600円くらいだったらしいです。10年前の物価が安い都市の相場と言ってもちょっとあんまりじゃ・・・

≪その2≫ (投稿者:舞子)
イベント会社では1日6000円くらいが相場です。ずーと、契約していてもっと偉くなると(*_*)ナントカマン!ショー!みたいな、アクション系ができる人になります。その、人の立ちまわりなどは、練習はあるのですが、バイト代には含まれません・・。

■Aさんからの体験談■

フロム・エーでもたまに募集しています。登録制の人材派遣に多いです。だから、着ぐるみ以外にももちろんやりたくない仕事をやらされます。(!)後、そういう所は経験は問われません。それと時給は最低賃金です。練習時間はもちろん給料無しです。弁当は大体支給。(不味いです(爆))しかもショーの一日前に平気で頼まれます。もちろん踊りがあるものは覚えなくちゃいけません。いくら声がテープといっても、やはりテープの声に合わせて動かなきゃいけないので覚えなきゃいけません。

アンパンマンや、大きい着ぐるみは素人を平気で使うのですが、ウルトラマンやヒーローショーになると経験が問われます。柔軟性、受け身・・・など。セリフも言わなきゃいけないので演技ができなきゃ話になりません。もちろんこちらも練習は給料無しです。泊まり込みであっちゃこっちゃ飛び回ったりします。

着ぐるみでいえることは体力よりも、好きな方しかできないってことです。もちろん体力もいりますけどそんなに心配する程じゃないでしょう。後、飲み込みの早さも必要でしょう。(なんせ一日前でも言われますから(笑))絶対に興味本位や可愛いから等の理由では割に合いません。だけど。演ずることが好きな人にとって楽しいバイトです。まあ、かなりツライんですけどね(笑)でもやっぱり楽しいと思ってしまうんですな・・・。(不思議)

フーセン配りはやったことないですが、選挙のマスコットには入ったことあるので言いますが、ショーやるよりもツライです。素人は多分やらせてもらえない。素人がやってるのは、そういうイベント会社ではないはずです。元気良くみせたり臨機応変、常に動いていないといけません。顔も下げられません。地獄です。息は苦しいし目はみえないし(着ぐるみによる)まあ穏やかにみえて着ぐるみの中は歯を食いしばった人、と思って正解じゃないでしょうか?(笑)元気が良い着ぐるみほど中は葛藤中です
posted by アルバイト 裏話 体験談 at 10:32 | 着ぐるみというお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイドビジネスの仕事の探し方

【サイドビジネスの仕事の探し方】

『かけもち』というのもサイドビジネスに入るのかな。コツコツとする一般的なのは『チラシ配り』とか『在宅データ入力』とかでしょうか。古いトコだと『書類の切り貼り』や『宛名書き』や『内職』もしました。

ただし、どのサイドビジネスも、家で好きな時間にできる!ということから、お給料は安めです。これだけは覚悟しなければいけません。しょうがないのです。でもへたすると時給300円とかになっちゃう事もあるので、初めに必ずチェックしたほうがいいです。

『チラシ配り』に関しては、配る地域によって、かなり出来高が変わってきます。例えば家が密集しているとか行き止まりの道が多いとか、坂が多いとかです。住宅地に住んでる方がラッキィです♪あと、夏と冬は、避けた方がいいと思います。夏は脱水症状でジュースいっぱい買っちゃったり、冬は手が乾燥&かじかんで、配りにくいのです。(私だけかなぁ(^^;;;)

あと広告によくマルチ系のビジネスが載ってます。これは、説明会に行ってから分かるものです。断るのが苦手な方は、気をつけて下さい。商品がないのがネズミ講。商品があるのがマルチ商法。ネズミ講は明らかに違反です。マルチ商法は違反ではありませんが、どちらにしても儲けよう等とよこしまな考えではガッカリするに違いありません。この頃は、マルチ商法まがいなどの新しいのがよく載るようになりました。若い子が狙われてますので、気をつけましょう!

私は最近、ネットで手作りのアクセサリー屋さんを作りました。これもサイドビジネスなのかな。趣味もかねてなので、楽しいです♪

◆豆知識・・・マルチ商法について◆

マルチ商法は違反ではありませんが、厳しい法規規制が設けられています。 マルチ商法の特性と問題点は以下のとおりです。

@商品を販売するよりも人を増やすことで儲かる仕組みになっている
A加入した人の大部分が高額の品物を購入するだけで儲かるまでに行かない 
B商品代金などの名目で払う金額の大部分は、先順位の会員の分配金に充てられていて、実質的法律上で禁止されているにネズミ講に近い組織である 

以上の点から、マルチ商法は

@広告規制
A必ず儲かるとの勧誘禁止
B契約締結前の書面交付
C20日間のクーリングオフ

など他の取り引きより厳しい規制があります。
posted by アルバイト 裏話 体験談 at 07:08 | サイドビジネスの仕事の探し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【水族館の館内案内係】魚好きな人にオススメ

【水族館の館内案内係】魚好きな人にオススメ

水族館のバイトは、はっきり言って楽しいです。館内案内なので、巡回(館内の見回り)の時には、魚を見にいくこともできます。

特に私がバイトしている水族館は、イルカがいるので巡回の時に、イルカのショーの時間が重なっているときには、見に行けます。お客さんが面白い方だと、笑い話も生まれます。例えば・・・

客「ほっかんはどこですか?」
私「エッ?本館ですか?こちらは、北館(きたかん)と
  南館(みなみかん)しかございませんが・・・」
客「違う、違う。ほっかん!!」
パンフレットを見せて指さす場所は、北館(きたかん)だったり・・・。

客「カエルっていますか?」
私「カエルは・・・残念ながら、いません」
水族館に確かにいそうな生き物ですが・・・    

などなど です。
だからといって、いい事ばかりではありません。
表に出る仕事ですから、いくらバイトでもお客さんからの文句や怒りを沈めるのは、私たち館内案内の仕事です。あまりの激怒の場合は、社員の方や上の者にお願いしますが。あとは、暇な時間との、格闘もあります。
 
私の場合、この仕事の見つけ方は、家の近くに水族館があるため、募集の広告が入ってきていました。でも、アルバイト雑誌にも載ったそうです。館内案内なので、接客の先生にみっちりとしごかれることはありますが、いつも笑顔でやっていれば大丈夫です。
 
魚を見るのが好きな人にはたまらないアルバイトかもしれません。


posted by アルバイト 裏話 体験談 at 09:24 | 水族館の館内案内係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【家庭教師】仕事は、勉強のやり方を教えること

【家庭教師】仕事は、勉強のやり方を教えること

大手予備校が展開する家庭教師派遣サービスに教員として登録している大学生です。予備校が家庭からの依頼をうけて教員を紹介するシステムとなっており、教員は予備校のサポートをうけられます(たとえば受験情報の提供をうけられる、困ったことがあれば職員さんに相談できる)から、安心して指導に取り組むことができるシステムになっています。

家庭教師の仕事が「勉強を教えること」であることは当然ですが、もっと大切な仕事があります。それは、自力で勉強できるように勉強のやり方を教えることです。生徒さんに家庭教師が関わることのできる時間は限られています(1回の指導につき、120分程度というのが標準的です)。ですから、「自力で勉強できるように」なるようにもっていかないと、生徒さんにとっても成績があがらずにツライ思いをさせてしまうのです。その意味で、家庭教師の一番の仕事は、生徒さんが自力で勉強できるように勉強のやり方を教えることだといえます。

家庭教師の給料・実力は、たとえば「指導していた生徒が○○大学に合格した」といった実績で評価されるもの、と思っておられる方もおられるかもしれませんが、必ずしもそうでもありません。むしろ生徒さん本人や親御さんとの信頼関係を築くことが大切にされています(私の予備校では、給料はほぼ一律に昇給します)。生徒さんの成績が上がるか下がるかは、教員の教え方というよりもむしろ生徒さんがやる気を出すかどうかという点にかかっているというのが実情です。「家庭教師をつければ成績が急上昇する!」ということはありえません。成績が上昇するのは、あくまでも生徒さん自身が勉強した結果なのですから。

かといって、私は遊んでいるわけではありませんよ(笑)。小学生を担当していた頃には夏休みになればサービス残業でバトミントンをやりましたし(←実力は互角だったので楽しかった)、冬休みには一緒に百人一首をおぼえたりとサービス部分が大変なのです(爆)。今は高卒生を3人担当していますので、携帯電話で悩みを聴いたりということもあります。もちろん、指導するにあたってはそれなりの予習も要求されますし、宿題を忘れるなんてことはできません。でも、たとえば受験生を担当したときには生徒さんの大切な時期を一緒にがんばっていくことにできますから、大きなやりがいがあります。生徒さんの悩みごとをかかえこんで潰れそうになることもありますが、「人と接するのが好き」という方にはおすすめのバイトであることは間違いないと思います。

タグ:家庭教師
posted by アルバイト 裏話 体験談 at 09:27 | 家庭教師 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【営業事務】こんな人にはキツイかも

【営業事務】こんな人にはキツイかも

私は某食品メーカー(麺類)の営業事務をしていた経験があります。

主にスーパーからのファックスや電話で受注した麺を種類ごとに分け、工場に発注します。私は麺の種類と数量をよく間違えて工場に発注したりしていました。そうすると次の日が大変なことになります。各スーパーに配達するルートさんにも迷惑を掛けてしまうからです。もちろんスーパーに置く麺も数量が合っていなかったりする為、クレームが来たりしていました。そうすると結局営業さんが代わりに行って、その麺を置いてきたり…。

とにかく商業的な頭脳を持っていない人にはお勧めできません。また、仕事とプライベートの区別が付けられない人もやめた方がよいでしょう。なにせ、次の日の朝が怖くて、怖くて…。きちんと数と種類が合っているか気になってしまい、会社へ行くまでブルーな気持ちを引きずりますので(私はそのせいで体調を崩してしまいました私は一生、営業事務はやらないつもりです。


posted by アルバイト 裏話 体験談 at 09:54 | 営業事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新薬ボランティア

【新薬ボランティア】噂のあの仕事をやってみました!

噂には聞いたことはあるが、 なかなか参加の機会がない「医療ボランティア」に今回参加してきましたので、その体験談をお話したいと思います。

まず、実際に試験に参加する前に、試験場に電話して健康診断の予約をしなくてはいけません。この時、自分が参加する試験の日時等を決めるわけですが、だいたい一ヵ月後くらいの試験から参加できるようです。 わたしが試験を受けたところは駅から徒歩5分くらいの静かな住宅街のなかに試験場があります。一階にヘアサロンなんかがある三階だてのマンションの二階が試験場になっています。(「臨床検査センター」なんていう看板とかでてませんので、最初きたときは、間違えたかと思ってしまった)

健康診断は、身長体重を量り、心電図を調べた後、採尿採血です。普通に生活している人であれば、この試験で不合格になる人はいないと思いますが、前日お酒を飲んだり激しい運動などすると結果に影響がでるようです。もし、健康診断で不合格になったとしても診断料として三千円はもらえます。

健康診断のあと、試験の一週間前くらいに検査結果発表があります。電話問い合わせのみで、しかも問い合わせ時間が一時間しかないので忘れないようにしなくてはなりません。(その上、つながりにくい。わたしは30分もリダイヤルした)

わたしが参加した試験は「プラバスタチンナトリウム製剤の生物学的同等性試験」というものです。薬の内容は健康診断の時、詳しい説明がありますが、この試験では、新しく市販される薬が、現在市販されている同じ種類の薬と同等の効き目があるのか調べる試験です。そのため、試験は新しい薬と市販されている薬を、期間をあけて二種類服用します。わたしの場合は10月15.16日と22.23日の一泊二日が二回の試験を受けました。

試験場は健康診断を受けたところと一緒です。ただ、試験期間中は禁煙、外出禁止です。飲み物、食べ物も試験場でだされるもの以外は禁止されています。初日は午後6時に集合。説明を受けたあとは、夕食を食べて11時の消灯までは自由にしていられました。試験場には、マンガ、本、新聞にテレビとそろっており、室内も清潔で、かなり被験者に気をつかっっている感じでした。広い部屋に12台ほどのベットが各人に割り当てられて、基本的には自分のベットで一日過ごします。シャワー室もありますが、一泊ということもあってか、使用する人はあまりいないようでした。

翌朝、7時に起床。試験開始です。まず、血圧と心電図を調べ、採尿採血です。この時、血圧がかなり高い人がいたらしく、この時点で帰されるひとがいました。この場合でも、謝礼として一万円ほど、渡されていたようです。

その後、試験薬を服用し、採血をします。この採血が、薬を飲んだ後、30分間隔で 3回、その後1時間間隔で2回、昼食後に2時間間隔で2回あります。さすがに、採血を一日にこれだけ受けると疲れます。注射の苦手な人は辞めたほうがいいと思いますが……(気になる方は事前に聞いておいたほうがいいでしょう。試験をする薬によって変わってくると思いますので)

次の週も基本的には同じことの繰り返しです。二回目なので採血にもなれたのか?一回目にくらべ楽に終えることができました。採血する以外はベットにいるわけですから、結構眠たくなりますが、寝てると起こされてしまいます。マンガとかいっぱい用意されていますので、それでも読んで寝ないようにしなければなりません。

試験が終わると、謝礼はその場でもらえます。なお、試験の初日と最終日には、はんこ(シャチハタ可)を忘れないように。あと、被験者が足りてないらしく、やたらと「友達を紹介してくださ〜い」といわれます。ちなみに、試験を受けると四ヶ月は休薬期間なので、試験は受けられません。謝礼のほうは、一泊二日で五万五千円でした。(その他健康診断料三千円)以上、わたしの受けた試験の体験談でした。これから「医療ボランティア」を受けようとしている人の参考になれば幸いです。

posted by アルバイト 裏話 体験談 at 09:49 | 新薬ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。